場作り, 社内コミュニケーション, 社内研修

2分40秒に一組が離婚している

一年間でどれくらいの離婚件数があるかご存知でしょうか。厚生労働省の調べによれば、2018年の離婚件数は20万7千組となっています。前年に比べ。5千件ほど減っています。

2002年の29万組をピ ...

場作り, 社内コミュニケーション, 社内研修

「この人と一緒にいても、幸せにはなれない」

かつて、行政書士として離婚に関する相談に乗っていた時期があります。「離婚をしたい」という共通の言葉を使って私のところを訪れるのですが、話を聞いてみると人それぞれ想いが違います。

本 ...

エンジニアの伝え方, 場作り, 社内研修, 社員教育

デバイスフリーの結婚式

あなたは、結婚式に言ったり、イベントに言ったりしたとき、写真をこまめにとる方でしょうか。私はどちらかというと取らない方です。

朝日新聞デジタルの記事によれば、今、海外では、[アンプラグド]「デバイスフ ...

エンジニアの伝え方, エンジニアの話の聞き方, 社内コミュニケーション

文句のオジサン

口を開くと文句ばかり。あなたの周りにもそういう人はいないでしょうか。

私の同業者にもそういう人はいます。年齢は私より10歳ほど上。彼は文句ばかりを言っている人です。私はその人のことを「文句のオジサン」と名付け ...

エンジニアの伝え方, エンジニアの話の聞き方, 社内コミュニケーション

自分で考えるより、人に話しながら考える

色々なことが頭に浮かんできて、自分で考えていても、なんとなく考えがまとまらない。どういう方向性で行こうか迷ったり、わからなくなったという経験はないでしょうか。そういう状態の時は苦しいものです。

未分類, 社内コミュニケーション

良い意味で力がぬけている

セミナーコンテスト浜松大会に参加してきました。今回で4回目となるこの大会。私は3回目の参加です。第2回、第3回大会は講師として、トレーナーとして関わってきましたが、今回は、当日サポーターとしてのみの参加です。

会議ファシリテーション, 未分類, 社内コミュニケーション, 社内研修

自分では気づけない

「混むならば、周りに気づかえ、そのリュック」昨年の秋に名古屋市の市営地下鉄に張り出されていたポスターの言葉です。織田信長が「たわけもの~~」と厳しく指摘しているポスターです。

このポスターを見たとき、私は ...

エンジニアの伝え方, 会議ファシリテーション, 社内コミュニケーション

ハイキング

お昼に放送されている「バイキング」という番組をご存知でしょうか。サブタイトルは「生ホンネトークバラエティー」となっています。世の中で起こっている様々な問題を深堀するこの番組。以前は、もう少しバラエティー色の強い番組でしたが、 ...

社内講師育成, 社員教育

人は自分の経験を過小評価する

私が講師、トレーナーとしてセミナーコンテストというイベントに携わっています。そこでいつも感じることは、多くの人が自分の体験にあまり価値を見いだせていない事。それゆえ、自分の才能や能力にも気づいていないという ...

エンジニアの伝え方, 社内コミュニケーション, 社員教育

追い詰められてしまう人

愛知県名古屋市の医療施設で起こった不審火事件。新病棟の空調設置工事に携わっていた作業員の男性が逮捕されました。この医療施設では、これまでにもおよそ1か月の間に3件の不審火があったそうです。

作業員の犯 ...